PROFILE

日本に数台しかないアラビックキーボードを使い、本場のベリーダンスショーで主流となっているサウンドを日本で実現すべく結成。 

“上達してからではなく、上達するための生演奏” をコンセプトに、幅広い層のダンサーに生演奏ショーを提供するとともに、アラブリズムを中心としたレクチャー活動を交えながら国内のダンサー育成とベリーダンス界の更なる発展を願い、活動を行っている。

トルコ在住のダルブッカ奏者Raquy Danzigerとの2度の共演、2016年韓国のJarasum International Jazz Festivalに出演。自主公演《Kyoto Belly Party》では京都のベリーダンススクール8団体と毎年共演を重ねている。

[Menbers]
永田充-Mitsuru Nagata-(Darbuka)
香奈-Kana-(Req/Daf)
平地正憲-Masanori Hirachi-(Arabic Keyboard)

[Photo]
※リンクにて高解像度画像をダウンロードできます

[1](1.5MB)
web_prof1
[2](1.3MB)
Profile2
[3](1.3MB)
web_prof3
[4](22MB)
profile4_web
[5](21MB)
profile5_web
[6](23MB)
profile6_web
[7](20.1MB)
profile7_web
[8](3.7MB)
[9](3.4MB)
[10](2.5MB)
[11](3.4MB)
[12](4.9MB)
[13](2.7MB)
[14](2.6MB)
[15](1.9MB)
[16](2.2MB)